スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

解体立会い12月5日

我が家はもともとあった実家の建て替えなので、

旧居の解体から工事が始まります。

解体は2009年12月14日に始まりましたが

それに先駆けて、解体立会いがありました。



参加されたのは

住友林業:営業さん・設計さん・生産さん

住友林業緑化さん

解体業者さん

建築会社の社長さん

の計6人。

思っていたよりもたくさんの人が来られて、

ちょっとビビッてしまいましたかお



生産さんは、この日初対面。

設計さんもほんわかふんわりした感じの方なのですが

生産さんもそれに輪をかけてほんわかふんわりした感じの方でした。

いろいろ話しやすそうにこ



まず、解体にあたって取り壊すものと残すものを確認していきます。

我が家は、旧居の床の間の床柱などを新しいおうちでも使いたいと思っていたので、

建築会社の社長さんに確認してもらいます。

その結果、床柱と床框は使えそうとのことで、

解体に入る前に先にその部分を取っておくことになりました。

ほかにも、玄関を上がったところに使っている栗くりの床材も新しいおうちに使いたい

と思っていたのですが、これはきれいに取り外せるかどうかわからないということで、

取り外してみてから判断することに。



続いて、庭にある植木ki2などで残すものを緑化さんと確認します。

植木はいろいろあったのですが、2本あるさつきの木だけ残して、

という母の希望だったので、それだけ残すことにしました。

あと、私の曽祖父が作ったという灯篭のようなものがあったので

これも記念に残しておくことに。

これらは、解体が始まるまでに緑化さんが敷地の端のほうに移設してくれます。



そして、家の中の確認。

旧居には古いタンスさとと-洋服ダンスや机机、本棚本棚など、この機会に処分する家具がいくつかあったのですが、

これらは解体のときに一緒に処分するのでそのまま残していて大丈夫

と住友林業からは言われていました。

が、数が多かったようで、解体業者さんに難色を示されてしまいました…。

なんでも、今は産業廃棄物の分別をしっかりしなければならないようで

本当に家屋の解体で出た廃棄物なのか、というところを厳しく確認されるようなのです。

営業さんと解体業者さんでしばらく相談していましたが、

結果、なんとかいけるだろう、ということで、

残していた家具も一緒に処分してもらえることになりましたホッ ほっよかった。



解体立会いは以上で終了。

続いて、ご近所に解体が始まるご挨拶に行きます。

てっきり営業さんと行くのかと思っていましたが、生産さんと廻りました。

住友林業の方で、

「これから工事工事が始まります。よろしくお願いします。」

という内容のお知らせの紙とタオルを用意してくれます。

2軒お隣くらいまでは私たちも一緒に廻って、

それ以外のちょっと離れたご近所と町内会長さんのおうちは生産さんが廻ってくれる

ということなのでお任せしました。

ご近所さんにご挨拶すると、なんというかもう後には引けない(引かないけど(笑))

っていう感じがしますね。



あとは旧居を空っぽにするべく、引越しの荷造りダンボール箱に励みますファイト



いつもぽっちりありがとうございますm(_ _)m
あなたのぽっちりがとてもうれしいです♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

2010.01.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 旧居の解体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

mikkyun

Author:mikkyun
mikkyun+だんなさん+mikkyun母
で暮らすおうちを住友林業My Forest[GS]で建てました。

↓おうちづくりの過程☆
2009年12月14日旧居解体開始
2010年1月17日地鎮祭
2010年1月23日地盤改良開始
2010年2月2日着工
2010年3月16日上棟
2010年6月19日竣工立会い
2010年6月26日引渡し&引越し(着工144日目)

今日で…

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

お仲間blog

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。